他人は関係ない

他人のことをとやかく言う人が気づかない3つのコト。

  • 人のことをガタガタ言っている自分のほうが波動が低い
  • 「嫌だ」と感じるのは自分の中に同調する何かがあるから
  • この2点を指摘されることはありがたいことだ

以上、3つのことに(自力では)気づけないんですね。

では、それぞれがどういうことなのかを小学生が解るレベルで説明していきましょう。

まず、1は誰でも知っている次の言葉で済んでしまうよね。

「『バカだ』と言うほうがバカなんだよ~」

みんなもケンカしたときにいったりするんじゃないかな(笑)

続いて2。これも簡単。

そこに意識がいかない人たちもたくさんいる

ということに気づかないかな?
A子「ねえねえ。何よ、あいつのさっきのあの態度」
B美「え? 何のこと? 全然気にならなかったけど」
C江「うん、あたしも気づかなかったな」

その理由もカンタンさ。
人はみんな違うから。
当然、感じ方も違う。
それ以前に、目がいくところすら違うんだよ。

最後に3だけど、これだけはちょっと難しいからね。先に言っておくけど、解らなくても無理はないよ(笑)

結論から言ってしまうと、次の一言に尽きるんだ。

周りは関係ない

この2点(1と2)を指摘されたときにどう考えるか

それがものすごく重要なんだ。
「どこに目を向けるのか」ということ。

  • その人がそういうことを言った
  • その人にそういうことを言われた

この違いでどう?
これで気づいたかな?

まだダメなら、

  • その人がそういうことを言った
  • 自分が】その人にそういうことを言われた

主語を補ってみよう。

それぞれの主語は「その人が」と「自分が」だよね。

❶のような人は、その人のことを気にしているわけだ。
「生意気だ」「偉そうだ」「お節介だ」

❷のような人は、自分に意識が向いてるね。
「参考になる」「助かる」「気づかなかった」

この差が決定的なんだよ。もう一度言うね。

周りは関係ない

世界中のすべての人と出会えるわけないだろ。
いちいち他人にかまっていては何も変わらないんだ。

すべては自分
この世に起こることは全部自分の映し鏡なんだよ。

シ~ン(静寂)