りんごは好きだけどバナナは大嫌いなんだ

「りんごはかじったときのあの感触がたまらない」
「だけど、バナナはびちゃっとして気持ち悪いから大っきらい!」

なんて言っている人を想像してみてください。

誰かにこんなふうに言われて、

そうか、バナナは気持ち悪いものなのか…なるべく食べないようにしよう

なんて思いますか?

ハッキリ言ってどうでもいいですよね。誰が何を嫌おうがあなたには関係ありません。そんなことで何か影響を受けたりすることもありません。

なのに、こういうことを言う人の目的は何なのでしょうか。

  • あんたもバナナを嫌いなさいよ
  • あたしと同じ好みになってよ
  • あんなもの一緒に嫌おうよ

何でしょう。無理やり例を挙げてみましたが、どれも虚しくなりますよね(笑)

さて、ここでりんごとバナナに目を向けてみましょう。

どちらが優れていますか?
どちらがよいものですか?
どちらが正しいでしょうか?

そんなものが決まっているわけありませんし、答える気すら起こりませんよね(笑)
正解がないものだといえます。

なのに、どちらかがどうだと主張することは無意味です。というより、不可能だといってしまっていいでしょう。

「バナナはカリウムが摂取できるからりんごより優れている」
「昔からりんごさえ食べていれば医者いらずといわれるほど栄養価が高い」

もちろん、そうなんでしょうが盲点があります。

すべてある面から見た場合の話でしかないんですよ。他の面からみたら、違う見方をしたらということを忘れて、つい自分に都合のいいことを主張してしまうんですね。

このことが理解できると簡単に気づけることがあります。

「あの人、大っきらい!」

これを正しく【翻訳する】ことができるようになるんですよ。

「自分はあの人を嫌う性質を持っている人間なんです」
ってね。

間違っても「あの人」が嫌われるような人だなんてことにはなりません。もちろん、悪人になったりもしません。

だって、その人を大好きな人もいるし、そもそも誰が嫌おうが嫌われた人の人格が決めつけられることはありません。それはあくまでも嫌った人のキャパシティ(バナナの別の食べ方を知る力)が決まるに過ぎません。

結局、そんなことを言う人が人から嫌われやすくなるだけです。

これがよくいわれる「人のことを悪く言うものじゃありませんよ」の本当の理由だったのです。

嫌いな人の良い面(バナナの別の食べ方)を見つけようとすることが大切ですね。