外国人のコンビニ店員が激増した本当の理由

女の子:「ママ、ガイジンってなに?」

お母さん:「○○ちゃんとは肌や髪の毛の色が違う人たちのことよ。ほら、コンビニにたくさんいるでしょ」

女の子:「ああ、金色の髪の毛の日焼けしたお兄ちゃんたちのことね」

あまりウケなかったかもしれませんが、気にせず進めます(笑)

それにしても、ひと頃から比べて、外国人の店員さんが増えましたよね。
近々、この親子のような会話が当たり前の世の中になるかもしれません。

ファンと客は扱いが違うのか?

次の二つは同じことなのでしょうか?

  • コンビニが、時給が高いという理由で優秀な日本人を採用せず、外国人を雇い教育する。
  • スポーツのチームが、年俸が高いという理由で有能な選手と契約せず、素人を雇い教育する。

Thinking Time

どんなにトレーニングしたって、ズブの素人をイチローにはできません。なのに、❶がまかり通っているというのは、どういうことでしょう?

コンビニの例を併せて考えてみれば、

チームのファンは大切だけど、買い物客なんかはどうでもいい

といっているに等しいわけですよ。まったく同じなのに、気づかないんですね。消費者をなめてかかっているのでしょうか(笑)

本当のところは、相手の立場に立つことができないことに加え、次のように思っているのです。

素人がイチローになれなくても、教育すれば外国人に日本人と同じ接客ができる

でも、実際にはそんなことは不可能です。どんなに教育したって、同じレベルには到達しません。文化も生まれ育った環境も違い、思考している言語も異なる外国人が、日本人と同じになるなどということは未来永劫起こり得ません。

SF映画のように記憶データを書き換えたりできるというのなら話は別ですが。

「いや、同じレベルまでいかなくても、日本人並みまででかまわないんだ」などという反論をしようものなら、それはこういっているのと変わりません。

イチローはいらない。イチロー並みの選手がほしいんだ。その程度の選手でファンは納得するんだから。

どこの世界にそんなチームがありますか?
結局、僕らはコンビニ業界から次のように見なされているわけです。

日本人並みの接客さえしておけば、文句をいわない連中だ。

お手頃価格の外国人

普通に考えて、日本人より外国人を雇いたいという場合、その理由は低賃金で雇えるからということでしょう。他にもさまざまな理由があるようですが、ここでは伏せておきます。

では、なぜ、外国人は安い給料で働く気になるのでしょう?

答は、

彼らは低賃金と感じない

からです。

僕も若い頃、アルバイト先で外国人の仲間と働いたことがあります。そのときの話だと、僕がちょっとお昼ごはんに使った額を仕送りに当てれば、家族みんなが楽になるということでした。

彼らの国とは信じ難いぐらいの物価の違いでしたね。僕らが気安く使う額が、彼らにとっては家族への仕送りに相当するわけですから。

同じ金額を支払って、

  • たったこれっぽっちと感じる日本人
  • こんなに貰えるのかと感じる外国人

当然、外国人を雇いたくなるでしょうね。まさに、コンビニ業界は極性の法則を上手に活用していたのですね。

このように、世の中ありとあらゆるところに、宇宙の法則がはたらいているのです。

あなたも宇宙の法則を活用して人生を好転させることができます。

「宇宙の法則ってそもそも何なのよ?」という方のページ