今回はプチ断食についてお伝えします。

どうしてプチ断食がいいのか?

断食をすると、ダイエットだけでなく美容や健康によいことがわかっていますが、それはなぜでしょうか。

南カリフォルニア大学の研究によると、定期的に2~4日の断食を行うことで、血液を作り出し、免疫システムが再生されることがわかりました。つまり、血液の浄化や、細胞の再生には、短い断食を定期的に行うことが効果的なのです。

では、どのように再生スイッチがONになるのか?

オートファジーということばを聞いたことがありますか?

オートファジーとは、細胞が持つ仕組みの一つで、たんぱく質を分解する働きのことです。自食(じしょく)とも呼ばれています。簡単にいうと、体のリサイクル機能ということです。

マウスに一晩断食をさせる実験をしたところ、肝細胞でオートファジーが起きていたことが明らかになりました。つまり、断食により栄養がなくなると、体は古くなったたんぱく質を再利用するのです。

ここから分かるように、断食をすれば壊れた細胞が再生されます。このように、再生スイッチをONにするためには、いったん栄養供給を断つことが大切なのです。

Point 週に1回、プチ断食で再生スイッチON!

水分の排泄機能を高める

よく食べたり飲んだりする人は、排泄よりも吸収することにエネルギーを使っているのです。そのため、体に重金属や老廃物をどんどんため込んでしまいます。これがボーダーラインを超えると、病気へとつながるのです。

むくみやすい人は、排泄機能がうまく働いていません。吸収と排泄は同時にはできないので、プチ断食をして排泄機能を高める必要があります。また、足がむくむ人は、ふくらはぎの筋肉量を増やして、血液や水分を押し上げやすくしてあげましょう。

おすすめのプチ断食

断食の方法はたくさんあります。私のおすすめは、前の記事で扱った玄米酵母液とマヌカハニーを使ったものです。

玄米酵母液やマヌカハニーは生きたまま腸に届くので、酵素が効果的に働きます。そのため、腸内環境を整えるとともに除菌もできるのです。

こんなに簡単にできて、効果も期待できるのでおすすめしています。

断食の注意点

いいことばかりの断食ですが、お年寄りや育ち盛りの子ども、糖尿病や代謝異常のある方はしない方がいいそうです。また、48時間を超える断食もおすすめしません。また、暴飲暴食に慣れてしまっている方は、断食の前後にきちんと体を慣らす必要があります。

特に断食中は水分補給に気をつけましょう。玄米酵母液を1日1.5Lを飲むといいでしょう。また、免疫力を高めるりんご水や、毒素を排出するドクダミ茶などもおすすめです。

マヌカハニーを舐めるときは、金属製のスプーンは避けましょう。1度にティースプーン1杯ほどが目安です。

私がおすすめするのはりんごやキャベツです。特に自然発酵させて作るザワークラウトが一押しです。

違う種類の果物を一緒に食べると、太りややすくなります。ですから、一度には1品のみ食べることをおすすめします。5時間以上空ければ、違うものを食べてもOKです。

プチ断食のやり方

1日目 導入食

《朝・昼》

・どちらか1食を軽めに

・マヌカハニー 1杯

《夕》

・果物だけ、または野菜だけ

・量は少なめ

・マヌカハニー 1杯

2日目 プチ断食

・マヌカハニーを舐めたいときに舐める

・できれば、口に入れてからできるだけ含んだままにする

3日目 回復食

《朝》

・マヌカハニー 1杯

《昼》

・果物だけ、または野菜だけ

・量は少なめ

・マヌカハニー 1杯

《夕》

・軽めの普通食

はじめから厳しくやろうとしても続きません。ゆるい気持ちで始めましょう。

断食が難しいと感じる方は、週に一度ほど果物や野菜だけを食べる日を作りましょう。なぜなら、たった24~48時間たんぱく質を摂らないだけで、オートファジーの作用が強まるからです。

ダイエットだけでなく臓器の機能改善にも

やっぱりヒーリングウェイブ

断食中には、「音のサプリメント」がおすすめです。

【音のサプリメント】メニューの詳細 〔15日/30日〕

愛(5種)、オーラ・エーテル体、経絡(3種)、細胞再生、金属(16種)、鉱物(3種)、ビタミン類(19種)、酸素、活力、心理系(10種)、ストレス緩和など

(全80種類)