■ Written by ほしのみのる

なぜ一つだけスペシャルなのか?|投影の法則スペシャル

なぜ一つだけスペシャルなのか?|投影の法則スペシャル
『投影の法則スペシャル―他人は自分の映し鏡であり、この世は自分を映し出す巨大スクリーンである』 さあ、これでどうだと言わんばかりの長いタイトルで始まりました、投影の法則スペシャル。どうして一つだけをスペシャルとして取り上

つづきを読む

あなたと同じ人は一人もいない|投影の法則スペシャル

あなたと同じ人は一人もいない|投影の法則スペシャル
たとえ双子でも見た目は微妙に違いがあるし、性格や考え方も同じということはありません。そこからいえることはあなたという人は唯一無二の存在だということです。 平たくいえば、あなたと同じ人間など存在しません。 他人は他人。当然

つづきを読む

「見ている」と「気づいている」|投影の法則スペシャル

「見ている」と「気づいている」|投影の法則スペシャル
お気づきの方も多いと思いますが正解を。 実際には以前から見ていました。 しかも、たくさん。ただ、気づいていなかっただけです。意識が向いていなかったということですね。 知らない車種はどんなに視界に入ろうが、注意を向けられな

つづきを読む

あなたが知ることができるただ一人の人|投影の法則スペシャル

あなたが知ることができるただ一人の人|投影の法則スペシャル
「ただ一人ってことはないんじゃないの?」なんて声が聞こえてきそうなタイトルですね。でも、意外なことにこれで合っているんですよ。 これに対しては「何人でも知ることはできるじゃない。現にたくさん知っている人がいるし…」という

つづきを読む

人を嫌うときの自分の姿|投影の法則スペシャル

人を嫌うときの自分の姿|投影の法則スペシャル
A君 あいつはいつも人の陰口を叩いてばかりで、本当に気に食わない奴だ。信用できないし見るのも嫌だよ。 B君あの人はとても思いやりがあって、信頼できる人だよな。いつでも細やかな気配りがあるし、ものすごく感じがいいんだ。 ど

つづきを読む

嫌われないためにはどうすれば|投影の法則スペシャル

嫌われないためにはどうすれば|投影の法則スペシャル
普通に考えて、人に嫌われてうれしい人は少ないはずです。嫌われたくないという感情を持つほうが自然でしょう。 だとすると、嫌いな人が多い人も、自分は嫌われたくないと思っているわけです。 復習します。 嫌いな人は自分でした。

つづきを読む

嫌われたくなければこれをしなさい|投影の法則スペシャル

嫌われたくなければこれをしなさい|投影の法則スペシャル
「これ」の部分に正解を当てはめた文を思い浮かべた方は、「ああ、やっぱりね」とこれ以上ない満足感に浸れることでしょう。 そうでない方は、「なんで?」という疑問に押しつぶされないようご注意ください。すぐに納得がいくようになっ

つづきを読む

何も決まっていないだなんて|投影の法則スペシャル

何も決まっていないだなんて|投影の法則スペシャル
いきなりこんなことをいわれて、「はい、そうですか」と納得がいかないのも無理はありません。でも、そうなんですから仕方ありません。 この世のすべてのものごとは、決まっていません。一つ残らずすべてあなたが決めています。 あなた

つづきを読む

映し出されるものは変えられない|投影の法則スペシャル

映し出されるものは変えられない|投影の法則スペシャル
そういう人に聞いてみたいことがあります。 映画館で、つまらなそうだから見る気がなかった作品が上映されていました。 映写室に忍び込んで映写機にかかっているフィルムを差し替える もしかしたら面白いかもしれないから試しに見てみ

つづきを読む

証拠はあなたが知っている|投影の法則スペシャル

証拠はあなたが知っている|投影の法則スペシャル
そんな簡単にうまくいくかどうか以前に、明らかにわかっていることがありますよね。 Aを選択してきた結果、今の状況になっているという厳然たる事実です。 「嫌だな」「うまくいかないな」と思うその原因は、間違いなくあなたのこれま

つづきを読む

問題から解放された後にやってくるもの|投影の法則スペシャル

問題から解放された後にやってくるもの|投影の法則スペシャル
空虚感です。 むなしさって、ものすごく解消するのが難しいものですよね。というより、それ単体では解消することはできないのかもしれません。 解消されたかのように見えるときも、実際はごまかしであることが多いですから。 ものすご

つづきを読む