そういう人に聞いてみたいことがあります。

映画館で、つまらなそうだから見る気がなかった作品が上映されていました。

  1. 映写室に忍び込んで映写機にかかっているフィルムを差し替える
  2. もしかしたら面白いかもしれないから試しに見てみる

どちら?

こう問われれば、たいていBと答えます。

ところがどうでしょう。
現実的には、ほとんどの人がAをしようとしています。

あなたが年下の不届き者に対して思いました。

「気に食わないやつだな。なんであんなに生意気なんだろう。あれが目上に対する態度だろうか?」

こんな場合です。

その人がフィルム。
あなたが観客。

そう考えるとわかりやすいですよ。

あなたがその人の態度を変えられますか?

そもそも、そんな人にどんなに丁寧な指導をしたって、暖簾に腕押しですよね。

変えようとするのではなく
変わろうとするのです

ちょっと待ってくださいね。

「そんなこと」と思った方にお尋ねします。

自分が変わることがそんなに難しく感じるのですか?

自分を変えてみようとすることと、相手を変えさせることを比べているのですよ。

一目瞭然じゃないですか。

どうやって相手を変えるのですか?

そんなことができたら、さぞ楽しいでしょうね。
ババ抜きは全勝できそうだし(笑)

これで、気づきませんか?

結局、自分でストレスを溜め込んでいるということに。
わざわざ困難な方を選択して、自分に負荷をかけているわけです。

いい加減、もう容易にできる方を選びましょうよ。

「口でいうほど、そんな簡単にいくものかね?」
と思う方も多いようです。