本当はあるのに見えないもの

それが原因です。

普段から
「言われてみれば」「そう言われれば」
ということがよくありませんか?

ないと思っているというより、あるかないかすら気にしないもの。
気づけないものということですね。
それが思い込みをしてしまう原因です。

まとめると、気にしたとしても見えないもの、それ自体に気づけないことが原因だということです。

これは手強そうですね(笑)
だから、あらかじめ体験してトレーニングをするしかないのです。

つづく上級編に対応するためにも、見えないものの正体を先に見極めておきましょう。

そもそも、

見えない=ない

これが誤りだと気づいてください。

なぜ言葉が違うのに同じ意味ととらえてしまうのか、不思議に思いませんか?

この二つの言葉は、似ているとはいえまったく別のことを指しているのです。
ないものは見えないわけではありません。
ないものを見えるか見えないか議論する人はいませんよね。
あって初めて見えるか見えないかが判断できるものです。

ないもの≠見えないもの

つまり、「見えない」ということばはあるものにしか使われないのですから、

「見えない◯◯」といった場合の、◯◯は必ず存在する

わけです。

したがって、

見えないもの=ある

ということになるのです。